>

ARABIA “KILTA”(ブルー)シュガーボウル

From Finland

--------------------------------------------------------
デザイン:
Kaj Franck(カイ・フランク)

製造年:1950 - 70年代
サイズ:口径 8.8cm × 高さ 5.8cm(蓋を含む 8.3cm)
カラー:ブルー / 青
素材: 陶磁器

コンディション:★★★☆☆ 3.3
--------------------------------------------------------

ARABIA “KILTA”(キルタ)ブルーカラーのシュガーボウル(蓋付き)です。
こちらはコーヒーや紅茶のお共として、角砂糖などを入れてご使用頂く器になります。

“KILTA”は“TEEMA”(ティーマ)の前身と言われるシリーズで、1950-70年代の間に作られた古い時代の器です。
艶やかでいながら深みのある青色の表情がとても美しく、趣のある器となります。

“KILTA”には『Kilta Glaze』と呼ばれるふんわりと発色する独特の釉薬が使用されています。
その為、淵や角などには磁器の白色が浮き上がり、全体的に淡い風合に仕上げられています。

デザイナーのカイ・フランクが追い求め続けた事、「無駄がなく、機能的で、その場にふさわしいもの」。
“KILTA”にはその概念が色濃く反映されていると思います。

大きさは口径が約8.8cm、高さは約5.8cm(蓋を含むと約8.3cm)ほどになります。
使用感はあまり感じられませんが、表面には軽い擦れ跡や小傷が見られる箇所があります。
その他に目立つ傷や汚れ、欠けや割れなどは見当たらず、この時代の陶磁器として状態は良好と言えます。

-- 表面 --
側面には軽い擦れ跡や小傷が見られるものの、傷のように強い跡ではありません。

-- 内側 --
僅かな擦れ跡は見られますが、比較的綺麗と言える状態と言えます。

-- 裏面 --
比較的綺麗と言える状態です。
ARABIAの旧ロゴスタンプは残っていません。

-- 蓋 --
軽い擦れ跡や小傷が見られるものの、傷のように強い跡ではありません。
比較的綺麗と言える状態です。

落ち着いた色合いに仕上げられていますので、その他様々なセラミックアイテムともうまく馴染んでくれそうです。
お砂糖の入れ物としての他に、お菓子やお漬け物など、テーブルを彩る収納容器としても活躍してくれると思います。

----- ご注文前に必ずご確認下さい -----

当店の商品は実際に使用されていたヴィンテージ品、ユーズド品が中心です。
(コンディション欄に未使用と記載がある商品に関しては未使用品になります。)
長い間にわたり使用されてきたため、細かなキズやシミ、色褪せ等がある場合がございます。
それらを新品とは違ったヴィンテージ特有の風合いとしてご理解頂いた上で、ご注文頂けますようお願い申し上げます。
状態に関しては本文にてご説明しておりますが、より詳しいご質問などがある場合は、ご注文前にメール等にてお問い合わせくださいませ。

在庫管理・表示には注意を払っておりますが、イベント出展等も行っている為、商品が入れ違いで販売されている場合がございます。
もしもそのような事案がおきた場合には、誠に恐縮ではございますが、ご注文の返信メールにてご連絡をさせて頂きます。その際はご容赦を頂ければ幸いです。


Calendar

2023年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2023年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
●青地の日はお休みとさせて頂きます。
TOP